メルカリ

メルカードにステータスカードはあるのか?ブラック、ゴールド、プラチナなどグレードはある?

クレカには、ゴールド、ブラック、プラチナなどのグレードが存在します。

この記事では、メルカードにこうしたステータスカードがあるのかどうか、今後どうなるのかについて考察していきます。

クレジットカードというとブラック、ゴールド、プラチナなどのグレードが別れている印象にあるが…

メルカリ公式サイト

クレカと言うと、一般のものとは別にゴールドやプラチナ、ブラックなど上位グレードのクレカが展開されている印象にあります。

楽天の場合

楽天Card

例えば、楽天Cardであれば、一般、PINK(女性向け)、ゴールド、プレミアム、ブラック(招待制)の5種類があります。

SEVEN CARD plusの場合

SEVEN CARD plus

例えば、SEVEN CARD plusであれば、プラチナやブラックはなく、ゴールドが最上級となっています。

PayPayの場合

PayPay Card

PayPayカードに関しては、これまでは一般のものしかありませんでした。

しかし、2022年11月24日よりゴールドの新規募集が開始されました。

メモ

PayPayが2022年10月1日よりYahoo!より株式譲渡されて子会社化したタイミングの少しあとなので、ひょっとしたら何か関係があるのかもしれません。

ステータスカードはあるのか?

メルカードにブラック、プラチナ、ゴールドなどステータスカードはあるのかについて解説します。

なお、ETCや家族カードの有無については下記の記事を参照してください。

🔍メルカードのETC、家族カードはある?18歳以上で作れるのかそれとも20歳?未成年は?

2022年12月7日時点ではない

少なくとも2022年12月7日時点では、一般カードしかありません。

登場したばかりなので通常のものしかない可能性もありますが、ここ数年金融関連に進出しつつあるメルカリとは言え、ステータスカードに関しては出さないのではないかな?と考えられます。

今後の考察

グレード別のものに関しては、今後も作られることはないのではないかと推察されます。

しかし、昨今のメルペイスマートマネーというお金を借りられるサービス、続いてメルカードというクレカサービスと展開していることを考えると、金融系に力を入れていると推察出来ます。

しかし、こうしたステータスカードというのは、コンシェルジュが付いたり、補償が大きかったりとメリットなども大きいです

メモ

こうしたメリットと引き換えに高い会員費を取られます。

しかし、現状ではそのメリットとなるものが出せないのではないかなという印象です。

そのため、メルカリ側がこうしたサービスを満たせないのではないかな?と感じます。

少なくとも、現時点ではメルカードの電話受付は紛失・盗難窓口だけであり、本体メルカリに関しては一般ユーザーを受け付けている電話窓口はありません。

そう考えると、専属コンシェルジュなどを用意できる体力はとてもではないけれどないのではないかと考えられます。

注意ポイント

つまり、一般的なステータスカードは企業の体力的に難しいのではないか?というのが現在の印象です(今後の展開にもよりますが)。

でも、こうしたサービスでは一般的なコンシェルジュなどとは異なる展開をする現在作れるものとは別のクレカやグレード展開はあり得るかもということです。

しかし、他のサービスにはないメリットを提示して、何か特徴的な一般Cardとは別のものを用意していく可能性は今後の成長によってはあるのかもしれないという感想です。

つまり、良くステータスカードのイメージにあるものとは異なる特徴(還元率の優遇、メルカリ内での優先権など)を持った、メルカリ独自の一般Cardではないクレカの展開は今後によってはあり得るかもしれないということです。

現在の利用限度額は最大いくら?キャッシング枠は?

ステータスカードというと、利用限度額やキャッシング枠が非常に高かったり、コンシェルジュや高額の補償が付いたりといった印象があります。

メルカリのクレカに関しては、1種類しか2022年12月7日時点ではなく、利用限度額は最大で50万円です。

なお、キャッシング枠に関しては、メルペイスマートマネーと言うサービスがあることから、今後も実装されることはないと考えられます。

利用限度額やキャッシング枠について詳しくは下記の記事を参照してください。

🔍メルカードの利用限度額・あと払い利用枠・キャッシングは最大いくら?増枠できない時の対処法

利用限度額の最大が上がる可能性について

2022年12月7日時点での利用限度額は50万円です。

この限度額が上がる可能性については十分あり得るのではないかというのが私の意見です。

というのも、以前はメルペイスマート払い(mercardと枠を同じとする決済)の限度額は30万円でした。

しかし、メルカード実装少し前くらい?から50万円までアップしました。

つまり、実際に30万円⇒50万円までアップしているのです。

そう考えると、今後さらに利用限度額が広がっていく可能性は十二分にあると考えられるでしょう。

こちらもCHECK

メルカードのポイント還元率と上げ方、キャッシュバックキャンペーン、ポイント付与はいつまでか

メルカリの新しく提供するクレジットカードサービス「メルカード」。 この記事では、メルカードのポイント還元率についてと上げ方や、入会特典と利用キャンペーンのキャッシュバックキャンペーン、ポイント付与はい ...

続きを見る

-メルカリ

© 2024 App Love Net Powered by AFFINGER5